キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 うちわの用途の歴史 : うちわポイントナビ

うちわの用途の歴史

うちわポイントナビ

おすすめ記事

うちわの使い道

うちわは「あおぐ」為だけの物ではありません。

うちわの用途の歴史

うちわは中国から伝来し、時代によって様々な使われ方をしてきました。

うちわの用途の歴史

今は涼しくする為に仰ぐうちわ。

昔はそうではなかったのです。

うちわの歴史ですが、まず起源は中国の周時代(紀元前3世紀)にはすでに存在していたようです。

日本ではうちわの原型となるものが古墳時代に中国から渡来し、うちわの柄を伸ばしたような形をしていました。

これが10世紀ごろになると小型になりうちわと呼ばれるようになり、その用途は仰ぐことよりも、主に公家・女性・役人・僧侶の間で威厳を正すために顔を隠すことに使用されたり、ハエや蚊などの虫を追い払う為に使用されました。

また、奈良・平安時代には顔を隠す以外にも天皇の食事をさましたり、宮中の火起こしに使用されるようになり、更に、戦国時代には軍配うちわ、戦争時の指揮用として使用されるようになりました。

そんなうちわが江戸時代になると庶民に広く普及することになります。

扇いで涼をとったり、炊事の火起こしに使用されると同時に、浮世絵を印刷したものを見て楽しむといった娯楽的な使用もされるようになったのです。

役者や美人画などの浮世絵が描かれたうちわは現在の「アイドルうちわ」を連想させますね。

江戸時代に入って、だんだん、今現在使われているうちわの用途になってきたようです。

うちわは時代よって様々な使われ方をしてきたのですね。